ハナタカ優越館で登場した卵かけご飯専門店『喜三郎農場』を紹介!

グルメ

どうもこんばんはミホです。

2020年7月2日よる7時から放送の

日本人の3割しか知らないことくりぃむしちゅーのハナタカ!優越館

で専門店が教えたいハナタカ情報が放送されます!

今回の専門店は、

・ビーガン専門店

・卵かけご飯の専門店

・かつお節の専門店

です!

シンプルなのに美味しい卵かけご飯!

日本人のほとんどの方が好きなメニューですよね。

今回登場した卵かけご飯専門店『喜三郎農場』の店舗情報をご紹介していきますね!

スポンサードリンク

2020年7月2日放送回

ビーガン専門店の店舗情報はこちらから

ハナタカ優越館で登場したビーガン専門店『VEGANSTORE』を紹介!

卵かけご飯専門店『喜三郎農場』

引用サイト:食べログ

都営三田線「千石」駅から徒歩2分のところにある都会から少し離れた静かな街に佇む「喜三郎農場」

全国各地の美味しい卵を取り揃えており、常時5種類の卵があるそうです。

味の濃い卵やすっきりと食べやすい卵、みたことのないような卵の色や味など様々な卵があります。

卵の種類

・赤がら卵

しっかりとした白身と濃厚な黄身

コレステロールや生臭さを抑え、甘みとコクが際立つ味わい

・ゆずたま

ほんのり柚子の香りが漂う、珍しい卵

旨味や甘味、コク、香りを最大限引き出した卵

・みかんたまご

温州みかんがエサに混ざっており、発ガン抑制効果のあるβクリプチトキサンチンが豊富に含まれていて、ビタミンEが普通の卵の約7倍!!

・ゆうやけ卵

ビタミンEが普通の卵の約20倍で、こってり濃厚な味わい。黄身が夕焼けのように赤いのが特徴

・お米卵

鶏のエサとしてお米を与えているので、通常の卵に比べコレステロールが約1/3のヘルシーな卵

黄身が白いのも特徴的

・アローカナ卵

とうもろこしや海藻、ヨモギを与えて育てた南米の地鶏であるアローカナが生むのは、スカイブルーの殻をした珍しい卵

・ハーブ卵

卵を産む専用の鶏のなかでも、高級な卵を産むとされている黒鶏、ネラの卵で甘みがある

・白州の平飼い有精卵

白州の清らかな水を飲み、たっぷり運動している健康な鶏の有精卵

 

TKGおおまくれ御膳は、なんと!

おかわり自由!!

1430円となかなかのお値段ですが、おかわり自由ならお得に感じちゃいますね!

店舗情報

住所:〒112-0011東京都文京区千石1-23-11

アクセス:都営三田線「千石」駅 A2番出口 徒歩2分

営業時間:【平日 昼】11:30~14:30
【土日祝 昼】11:30~17:00
【夜】17:00~22:00(閉店)
      ※21:00焼き鳥(炭火焼き)ラストオーダー
※21:30お料理、ドリンクラストオーダー

定休日:無 ※年末年始を除く

電話番号:03-3943-3746

公式HP:http://www.kisaburou-sengoku.com/

卵かけご飯の美味しい食べ方

①ご飯に醤油をかけ混ぜる

※卵が醤油と混ざらないので卵本来の味を楽しめます。

②卵は混ぜずに数回だけ切る

※黄身と白身の両方の味を感じることができます。

☆良質な卵なら醤油ではなく塩で食べるのもおすすめ!

③冷凍する

※卵を冷凍すると黄身の水分が15%ほど抜けるそうです。

そうするとさらに濃厚な味わいになるそうです。

 

難しくなく自宅でも簡単にできることばかりですね!

私もよく卵かけご飯を食べるのでやってみたいと思います。

まとめ

今回は、ハナタカ優越館で紹介された卵かけご飯の専門店「喜三郎農場」のご紹介でした!

生卵を食べるのは日本人だけらしいです。

日本の文化である卵かけご飯の専門店はとても気になります!

ぜひ、一度は行ってみたいお店です。

皆さんも行ってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました